読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らの南極

セカペンたちの知っていること、考えてきたことの記録

ショート・ショート『燃える世界の中で一服 』

昔、小学生の頃にショート・ショートにはまり、ちょくちょく書いていたことを思い出した。最近、大学生になってものを書くってことにとんと縁がない状態だったが、悠やら二号やらが書いているってのと、あいつらから「昔みたいに書かないの?」と言われたの…

俺と僕の性別について(後編)

後編の続き。身体の違和感について、家族について、異性について。

俺と僕の性別について(前編)

身体は女で心は男。そんなキャラクターが二次元にも三次元にも進出してきて以来、性別については結構自由になってきた感じがある。 そんな<性別>というものについて、女の身体をもっている男二人(悠、うな)で話してみた。

「愛とは何ぞ」ときいてみた

ふと気になって、愛とは何かを女たちにきいてみた。