読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らの南極

セカペンたちの知っていること、考えてきたことの記録

Twitter短歌(11/17〜1/20)

作ってみたもの

Twitterにあげた短歌をまとめました。上が新しいものです(誰のか間違ってたらごめんなさい)。
……水月 ……二号 ……悠 ……うな ……ぽん

本を読む 木陰くらいの明るさで 空のしおりとやさしいひかり  
さようなら置いてかないで繰り返し 恋の最期は徒労で終わる  
下校時にすれ違いざま「嫌ってよ」 誰の声かは分からないまま  
いなくなる数日前の出来事を 思い出せずに水を飲み込む  
花たちに火をつけまわり花見する もえろよもえろ いざ最期まで  
すれ違う むかしの恋愛 かげぼうし いつまでたっても消えない人よ  
花ばたけ 傘ふり回し 花散らす 空も樹も葉も 誰も見ないで  
「あの子だれ?」「元恋人」と胸痛む 昔のことが夢となり去る  
「元カレ」の言葉の軽さその裏に潰されそうな数多の想い  
なくなった子どもの心しりたくて ブランコの上 鎖がきしむ  
「好き」という あなたの言葉 そのうらに いつもわたしを 想い浮かべて  
君の本こっそりはさんだしおりの絵 クローバーマーク 言葉に気付いて  
はいどうぞ シャンパングラス手渡しで 受け取る君にリナリア代わり  
山の中やーやーやーと声がして振り返る道 深い赤色  
唇にそっとひとすじ紅をさす その唇であなたにふれる  
年の瀬に人の顔たち浮かびあげ その色合いに花を浮かべる  
「さようなら」あの街なみで聞いたこと 思い出せずにつのる想いよ  
水の先 どこかにいると分かっても 見えぬうちはと水かさを増す  
君いない 曇りの街を歩いてく 君がいなきゃ息もできない  
動く分 電気がついた廊下へと ゆっくりすすみ私を知らせる  
雨音に閉じ込められた世界にて かさかたつむり 空も見えない  
青空を仰ぎ見ては雨想う 雨がなければ僕はひとりだ  
まだ降らぬ雨空の下 一人だけ傘をさしてる予言者気取り  
雨の中 あおぞらいろの傘広げ 私の空を晴れにしてゆく  
自撮り会 新しいメガネ買ったんだ 君と意見が合うといいなって  
夕暮れにすいへーりーべー言う子ども 少しすすんだ大人の気分  
春に詩を夏にめまいを秋に絵を冬に心を僕には花を  
あまいもの口に含んだ君の顔 一瞬歪むところが見えた  
太陽は冬が好きだよ本当はね 陽だまりのこと好いてくれるから  
大空の雲のクジラが声かける 大人の君はもう乗れないよ  
バス降りてふらつく足で街に立つ あけたばかりの朝がまぶしい  
『バス乗った』寝る前にきたメール見て 待ち遠しくて寝られなくなる  
君想い外の灯りを見られずに 揺れる車内で眠るしかない  
できるなら海に沈んでいきたいと 言ってた君は土の中へと  
冬空に君の面影さがしてる 僕を残した陽だまりの死だ  
かくれんぼ ふとんの外はこわいから いちにのさんでおやすみなさい  
花言葉つたわるなんて思わない 偶然でいい、こんな告白  
生きてなお 自分が生きる理由知らず 変わる景色を見るだけでいい  
沈黙が闇夜の音を響かせて 気配を頼り朝まで語る  
死にたいと思う度に早くなる 心臓の音 時限爆弾  
ビル街のプラネタリウム 夢を見る ほんとの空は家の中から  
街の音 機会仕掛けの音だらけ それでも風は拭き続けてて  
昔から変わってしまった故郷の死 僕を大人にした僕への怨み  
洗面所 生きると死ぬのどっちがいい 外出る前におやすみなさい  
追いかけて待ってころんで邪魔されて 君まであとは何キロメートル  
くらやみで物投げ泣く臥して泣く 私の神は未だ不在で  
人工の花畑見てため息を 花を誘った人々の業  
シャッターが閉まった街で大の字に 明日は晴れだ 下駄の気分で  
僕自身 神様なんかじゃないけれど 君の言葉で僕に願ってよ  
やわらかな唇にそっと触れてみる 度数の強さに眩んでしまう  
花散らす悪代官の孫息子 花の姿を葉っぱが見ていた  
やわらかな唇にそっと触れてみる お酒の入ったグラスとキスを  
唇にあなたが触れた夢を見た そう言う君の唇を見る  
お風呂場の鏡のアリス叩き割る ウサギを追わずここから出るの  
水の上あなたに触れた指先が あなたではない雫をたらす  
赤と赤 それ以外のは死んだとさ。 空飛ぶ鳥が嘆いていたよ。  
窓の外 曇りに雲が重なって 夜の名残を止めようとする  
満員のバスの中で思うこと 私の乗車誰かの絶望  
対岸の君のところに行きたくて 泳いで消えた泡沫の恋  
空あおぎ 光をもとめ目をこらす プラネタリウムよりも見えない  
部屋の中プラネタリウムつけてみる 部屋の電気がきっても邪魔で  
ドレミファソ一つの音に色一つ 色つき鬼を君と二人で  
赤黄色 青緑白 キャンパスの上でだけでも 君に触れたい  
赤の空 青の光を吸い込んで 人の作った光をつける  
声すらも知らない彼が好きだって 言う君すらも僕は好きなのに  
あなたへの思い届かず冬になる 嫌うためにもあなたに会うの  
再会し愛がこもった花束を 「自己愛でしょ?」と投げ捨てる春  
春がきて違うクラスになった彼 あのときめきはもうないと知る  
こんなにもつらい想いをするならば 言いかけてすぐ無理だと気づく  
親のもと帰りたいとは思わない あの部屋にだけ帰りたいんだ  
水の中沈む姿を想像する その死はとても優しいと思う  
部屋の中慟哭しながら理解した この世に神は不在であること  
階段をのぼりながらのおとしもの 暗がりの中みえなくなった  
道端の期限切れした定期券 思い返さぬ青春の日々  
空見上げ海の蒼色思い出す 同じあおならば水に浮かびたい  
文明を今以上にすすめないで 別れを惜しむ時間がほしいの  
繋がったつもりになった電話口 ほんとの君は今何してる?  
ヒーローに憧れていた午前九時 ヒーローを待つ 午後十時  
地下鉄で別れを告げた手の中に 送信エラーの「また会いたいよ」  
走行中すれ違った灯りの中携帯いじる自分が一人  
街灯も消えてしまった街中で 機械仕掛けのホタルを探す  
目をふせて「そんなことない」言う君の謙虚さこそが美しいんだ  
たおやかに人を愛する乙女らに したたかな花咲きますように  
「幸せは歩いてこない」知ってるよ 生け捕りにして飼い殺すんだ  
生き死にのシーソーゲームぎぃこんと どちらの端も振り回される  
ふれたくて ふれていいのか わからない 恋から人は逃れられない  
見上げると目が合う君を残したい カメラ越しの恋する人へ  
開いてる扉の奥に私あり 奥の扉にまた私あり  
水も火も薬も傷も君となら 二人ぼっちでいってみたいよ  
二十歳の日ぼくの祝いで初キスを 時間の止まる君と乾杯  
幾重にも重なる夢が優しいから おやすみなさいと夜にくちづけ  
閉まるドア その内側で「なんでなの」 答えがほしくてきいたんじゃない  
ころころと積み木遊びの数遊び くずれた式も定理にはめて  
この花か それともこれか あの花か 「一番」なんて私にないの